21歳貧乏大学生が快適な生活を目指すメディア

貧乏大学生の生き方

ビジネス 高校生

地方国立大学・MARCH関関同立どっちがいい?メリット・デメリット

今記事は地方国立か早慶MARCH関関同立どちらがいいかについて地方国立大を選んだ筆者が解説しています。

こんにちわ

僕は今現在地方国立大学に通っています。

そして高校生の頃早慶MARCH関関同立に行くべきか地方国立大学に行くべきか悩んでいました。

そして今その頃の高校生の自分にそれについてのアドバイスをしたいと思います。

こんな方におすすめ

    • 今都会の大学か地方大学か進路選択に迷っている高校生
    • 将来外資系で働きたい高校生
    • 将来都会で働きたい高校生
    • MARCHか地方国立大で迷っている高校生
    • 関関同立か地方国立大で迷っている高校生
    • 早慶か地方国立で迷っている高校生

 

お金

お金に関しては地方国立大学の方が安く済みます。

学費が年で50万円違います。そして生活費も全く違います。

地方では安ければ月3万円くらいで家を借りれますが、都心になるとそうはいきません。

埼玉などから通学すればいいと思われるかもしれませんが、通学時間が長すぎて逆にその時間がもったいないことになってしまいます。

結論進路を決める際に最も重要視しているポイントがお金なら地方国立大学の方がいいと思います。

 

就活

 

就活に関してはこちらの記事を読んでみてください。

外資系企業に就職したい人はどうすればいい?

就活に関しては都会の大学に進学する方が有利です。

特に外資系や日系大手企業に勤めたい方は迷わず都会の大学に行くことをお勧めします。

ただ将来地方で働きたいという方は地方国立大学に行くのもアリです。

ただ田舎から出たことないという方は一度出てみて田舎都会を味わってから田舎を楽しむのも一つの手段です。

 

<

友達

ここに関しては都会の大学の方がいいです。

地方国立大学と都会の大学では生徒数が違います。

地方国立大学の方が少ないです。ですので人間の幅が少し小さく自分に会う友達が少ないかもしれないです。

幸い僕は趣味が万人ウケするものなので友達ができましたが、そうでない人たちもいるのでここに関しては都会の大学の勝ちです。

結論進路を決める際に最も重要視しているポイントが友達なら都会の大学に行くべきです。

 

刺激

これに関しては完全に都会の大学の勝ちです。

地方国立大学にはあまり刺激がありません。基本的にサークル、飲み、バイトで学生生活が終了します。

現に僕の大学の先輩はそのような感じで大学を過ごし卒業しています。

まず大人との接触があまりないのでビジネスの刺激がないです。

そしてファッションも芋いファッションをしている人が多く地味な人が多いです。

かつ遊ぶ場所も少ないのでエンタメの幅も小さいです。

イベントごとフェスなどが少ないしクラブ、バーなども少ないです。

進路を決める際に最も重要視しているポイントが刺激なら都会の大学に行くべきです。

インターン

こちらの記事にも書いたのですが田舎はインターンできる会社の数が少なすぎます。

外資系企業に就職したい高校生が行ってはいけない大学とは?

 

インターンできる会社があっても数が少ないので自分にマッチングする可能性が少ないです。

特にエンジニア志望の方は都会でないとエンジニア用のインターンが少ないので地方国立大学はやめたほうがいいです。

部活

ここ関してはどちらでもいいのかなと思います。

部活をしていたら遊ぶ時間がないので遊ぶ場所は入りません。

だから地方国立大でもいいです。そして地方国立大だと家賃などの固定費が少ないのでバイトの時間を減らすことができます。

都会のほうが大学のスポーツ施設が整っているのでは?と思われるかも知れませんがそこは大学によって異なるので前もって調べていたほうがいいです。

筑波大学や鹿屋体育大学は田舎にあるのですがスポーツ施設が整っていて部活を極めたいなら最高の大学だと思います。

結論ここ関しては大学ごとに違うので前もって調べるべし

勉強

勉強に関してはどこの地域かではなく何を学ぶかで決めたほうがいいです。

地方でも自分したい勉強ができるなら地方の大学のほうがいいし、都会の大学でできるなら都会の大学に行くべきです。

ただ大学生のほとんどは基本的に勉強しないで遊んでいるので他の基準で決めた方がいいような気がします。

学歴的問題

高校生の頃は地方国立大学のほうがMARCHよりいいと思っていたのですが

それは間違いです。

おそらく駅弁(金沢大、岡山大くらい)=MARCHくらいなのではないでしょうか。

早慶上智は旧帝大に匹敵すると思います。

学歴が生きてくのは就活の時くらいだと思うので、学歴のパワーを使いたいなら

就活の際、機会をたくさん得れる都会の大学の方がいいです。

同レベルの学生なら機会をたくさん得て行動して経験値を得た学生の方が上になると思います。

学歴的には

1 東大京大など

2 旧帝大、早慶上智

3 駅弁(金沢、岡山)、 MARCH

4 地方

 

自分が3年前に戻って進路を決めれるならどうする?

 

3年前に戻って進路を決めなおすなら都会の大学にすると思います。

なぜなら僕の大学選びの軸が就職だからです。

大学に対する考え方は人それぞれですが僕は

就職で自分の行きたいところに行くために大学に行きたいので都会の大学にすると思います。

 

今回は以上です。

読んでくださいありがとうございました!

 

合わせて読みたい

>授業中に内職したら受験に落ちるのか?体験談

 

関関同立と地方国立、4年間でかかる費用で比べてみた

 

 

 

 

-ビジネス, 高校生

Copyright© 貧乏大学生の生き方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.