21歳貧乏大学生が快適な生活を目指すメディア

貧乏大学生の生き方

メジャーアニメ

メジャー ギブソンが野球を辞めそうになった過去

今記事はジョーギブソンについての記事です。

 

こんにちは!

 

皆さんはギブソンは悪い人間だと思っていませんか?

 

彼は吾郎の父、本田茂治をデッドボールで殺してしまったのですが、

 

僕はギブソンはとてもいい人だと思います。

 

今日はその理由について詳しく紹介してきたいと思います。

 

ジョーギブソンが日本に残った理由

 

ジョーギブソンは本田茂治にデッドボールを当てて死なせたのにもかかわらず日本に滞在し続けました。

 

その理由は何でしょうか?

 

つぐないのためです。

 

ジョーギブソンは本田茂治を殺してしまったことをとても後悔しており、その罪滅ぼしのために日本に残りました。

 

そして日本で勝ち続けることを決めたのです。

 

ジョーギブソンの妻が死んだ

 

この時にジョーギブソンの妻はアメリカに娘を連れて帰ります。

 

ジョーギブソンジュニアは日本に父と一緒に残り続けます。

 

妻はギブソンがなぜ日本に留まり続けるのかが理解できなかったのです。

 

そして悲劇が起きました。

 

アメリカに帰ったギブソンの妻と娘はアメリカで交通事故にあってなくなってしまいました。

 

その日以来、ジョーギブソンはさらに自分の頃とを責めるようになりました。

 

本田茂治も殺してしまったし、妻と娘も間接的に自分の責任で殺してしまった。

 

これが深くジョーギブソンの心に乗っかります。

 

ジョーギブソンジュニアは日本でいじめられていた

 

そしてその頃ジョーギブソンジュニアは日本の学校でいじめられていました。

 

父のジョーギブソンが本田茂治を殺したことについて同級生から嫌がらせを受けていたのです。

 

そして母と娘がアメリカに帰り交通事故で亡くなったことをきっかけに日本を憎み、父ギブソンを日本に留まらせた茂野ごろうを憎みます。

 

そして吾郎とギブソンジュニアが再開するときジュニアは吾郎に聞こえるような声量で陰口を言ったというエピソードもあります。

 

ギブソンが野球を辞めそうになった過去 イップス

 

ジョーギブソンは日本で3年間プレーして母国のアメリカに帰りました。

 

そして帰って野球を続けようとしたのですがなかなか調子が上がらず成績が低迷していまいます。

 

本田茂治を殺してしまったという罪悪感と妻と娘を交通事故でなくしてまったという罪悪感でジョーギブソンは疲れ切っていたのです。

 

ギブソンは気持ちが全然乗らずいらだち始めていました。

 

そしてサインボールを求めてきた子供がいたのですが、その子にサインをしないで子供にキレるという大人げない行為をしてしまいました。

 

そしてその時に専属コーチに怒鳴られてギブソンはサインをしてあげました。

 

コーチ

「ファンにまで当たるようになるなら野球をやめたほうがいい

誰も辛そうになりながら野球をするあなたを見たいわけがない

ファンに夢や希望を与える使命まで忘れたのならあなたはプロスポーツ選手じゃない。」

 

 

この日以来ギブソンは少しずつ変わっていきました。

 

全ての気持ちを自分のうちに込め、調子を取り戻し開幕戦では開幕戦では見事ノーヒットノーラン

 

今までは自分への家族へや本田茂治への義務感で野球をしていまいした。

 

彼にとっての野球はいつの間にか償いの手段になっていたのです。

 

そして何のために野球を続けるか考えなおした時、彼はとてもシンプルでした。

 

ベースボールが大好きな自分のために、自分と同じく心からベースボールを愛する世界中のファンのために

体が動く限りマウンドに登りたいと

 

そしてギブソンは野球を続けることを決断しました。

 

終わりに

 

ギブソンの人生には深い谷はあったのです。

 

ギブソンもなんどもなんどももがき苦しみここまで来たのです。

 

僕たちはどうでしょうか

 

どこかで逃げたいなと思ってはいないでしょうか

 

ここが踏ん張りどきです。

 

以上

 

関連記事

メジャー全話を見る方法

 

 

 

 

-メジャーアニメ

Copyright© 貧乏大学生の生き方 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.