21歳貧乏大学生が快適な生活を目指すメディア

貧乏大学生の生き方

英語

交換留学経験者がオススメする節約方法 体験談

今記事は筆者が留学で行った節約方法について書かれています。

こんにちわ!

 

僕の家は貧乏です。

しかしどうしても留学がしたくてそういう系の学部に入学したし、毎日英語の勉強を欠かさずに行ってきました。

 

そこで見つけた節約方法を幾つかの記事に分けて紹介したいと思います。

 

マイク
アメリカで生活するのだけど何かいい節約方法ないかな〜
先生
あるよ!その方法を教えてあげる!

 

クレジットカード

 

まずほとんどの方は知っていらっしゃると思うのですがアメリカでは普通現金を持ち歩きません。

 

なぜ持ち歩かないかは色いろ理由があると思うのですがとりあえず持ち歩きません。

 

そこでほとんどの学生はクレジットカードで支払います。

 

現金は盗まれてしまったら戻ってくる可能性はほとんどないのですがクレジットカードの場合、

 

カードが盗まれてもその時点でクレジットカード会社に連絡して止めて貰えばお金を失うことはないですし,

 

盗難保険が付帯しているので100万円不正利用されたとしても自分がその額を支払う必要はありません。

 

ここまででみなさんは海外留学をするならクレジットカードを持つべきとわかってもらえたと思うのですが

 

僕が記事にするほどクレカの重要性を説きたいのはもっと他の理由があるからです。

 

僕は先ほども述べたのですが貧乏です。

 

だから最高に節約する必要がありました。そこでクレカについて調べました。

 

その中で年会費が無料で一番還元率の良いカードを探しました。

 

その中で調べると海外留学で一番使って得するクレジットカードはライフカードでした。

 

なぜライフカードなのかというとこのカードにはキャッシュバックが付いているからです。ライフカードを海外で使用すると2ヶ月後に

5%

銀行に振り込まれます。

こんな感じで振り込まれます。

 

このキャッシュバックは留学だけではなく海外旅行の際も使えるので旅行に行く方にもオススメです。

 

そしてもう一つこのカードの良い点は海外旅行傷害保険が付いていることです。

 

楽天カードを持っている方は多いと思うのですが楽天カードは海外旅行傷害保険が自動付帯ではありません。

 

旅行に行く前に楽天カードで交通費を支払っていないと海外旅行傷害保険が使えません。

 

しかしライフカードはただ持って行くだけで海外旅行傷害保険がつき安心して旅行、留学に行くことができます。

 

 

最後に

僕が調べた中でここまで海外旅行、留学に適していてお金を節約できるカードはライフカードしか在りません。

 

ライフカードは日本で使うのにはあまりお勧めしませんが海外旅行、留学に行く方はこの際作ってみることをお勧めします。

 

P.S

クレジットカードはJCBではなくVISA,Mastercardにしてください。JCBは日本のブランドなので海外では使えない場合が多々あります。

-英語

Copyright© 貧乏大学生の生き方 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.