21歳貧乏大学生が快適な生活を目指すメディア

貧乏大学生の生き方

メジャーアニメ

メジャー キーンについて 【ホーネッツ】

今記事はメジャーのキーンについて記事です。

 

こんにちは!

 

マイク
僕はメジャーが大好きで全シリーズ何度も見返しています。

 

昨日第4シリーズを見ていたのですが、そこでキーンがでてきました。

 

そしてそこでキーンの辛い過去のことについて知りました。

 

僕がキーンは昔からぶっきらぼうではないということをみなさんにも知ってもらいたいです。

 

そしてキーンの情報は全てこの記事に書いたので

 

キーンについて全て知りたい方にもこの記事をおすすめします。

 

こんな方におすすめ

  • キーンの過去が知りたい人
  • キーンの全てを知りたい人

 

 

キーンについて

ホーネッツにドラフト1位で入団した選手です。

 

そして1年でダブルAからトリプルA・バッツに昇格し、バッツではすぐに正捕手となりました。

 

*下の図はメジャーの階級についての図です。

 

 

 

キーンはクールな感じですが、渡米した清水薫の車の故障を直したりと、根は優しい人です。

 

 

キーンが冷静・暗くなってしまった理由

 


キーンはどんな状況でもバッターの過去のデータに従ってピッチャーに指示を出します。

 

しかし茂野吾郎はそんなデータ野球が好きではないです。

マイク
海堂の時もマニュアル野球が嫌いだったもんね

 

 

まぁこういう理由があり茂野吾郎とは何度もケンカします。

 

 

しかしチームメイトはキーンのデータ野球のおかげでチームの調子は上がり連勝しているので誰も文句言えません。

 

けれども茂野吾郎はデータ野球でピッチャーがしたくもない敬遠をしたり、大量点差で勝っているのに敬遠をする野球を許せません。

 

吾郎はピッチャーにもプライドがあると主張します。

 

しかしキーンはこういうくだらないプライドに左右されるから一流のメジャーリーガーになれないんだとキーンは主張します。

 

キーンは意地やプライドといった目に見えないようなものに左右されて負けることを嫌がっていました。

 

その理由がキーンにデータ野球をさせる理由でした。

 

マイク
その理由とは?

 

キーンは大学時代に全米大会出場を目前としていました。

 

その決勝戦はただ一人の危険なバッターに注意するだけという試合でした。

 

そしてその最終回、一打逆転という状況で迎えたのがその危険なバッターでした。

 

ピッチャーはプライドをかけて勝負を志願します。

 

そしてキーンは絶対に抑えるという言葉を信頼して勝負することを許しました。

 

その結果、逆転打を許しました。

 

そしてキーンのチームは負けました。

 

それからキーンはデータだけを信頼して、野球をするようになったのです。

 

 

その後も色々ありましたが、

 

結局キーンの指示を無視した茂野吾郎の気迫のピッチング一流のメジャーリーガーを抑えたことをきっかけにキーンはデータ野球を見直し始めました。

 

データを全く無視し、気持ちのこもった野球をする吾郎を見てキーンは少しずつ変わっていきます。

 

ホーネッツでのキーンについて

 

 

メジャー開幕戦でノーヒットノーラン寸前に崩れた吾郎にイップスの疑いがあると見抜いたことがあります。

 

 

茂野吾郎とマードックとのケンカを止めに入り足を捻挫したこともありました。

 

 

シーズン終盤には、吾郎が血行障害を隠していることを見抜きました。

 

しかし吾郎の熱量に負けて血行障害を抱えていることをチームの首脳陣に隠したこともありました。

 

そして8年後、レイダースに移籍しました。


この時のレイダースの監督はジョーギブソン、ピッチャーは眉村、サードはジョーギブソンジュニアでした。

 

この時の話はこちらです。

 

 

 

終わりに

 

キーンについてわかっていただけたでしょうか?

 

アニメでキーンが出てくるところはすべてここに書きました。

 

マイク
キーンは最初からあんなにぶっきらぼうではなく辛い過去があったのですね

 

またキーンのことが好きになりました!

 

おすすめ記事

メジャー+メジャーセカンドを無料で見る方法について

メジャーの漫画を無料で見る方法

 

 

-メジャーアニメ

Copyright© 貧乏大学生の生き方 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.