21歳貧乏大学生が快適な生活を目指すメディア

貧乏大学生の生き方

就活

地方就活のお金事情 節約方法 地方就活生20卒が語る 

こんにちは

 

皆さんは地方就活生ですか?

 

私は地方就活生で就職は都市部にします。

 

就活をやっている中で一番地方生にのしかかるものは交通費です。

 

私は20万円は交通費に使いました。

 

東京に就活するならばもっとかかると思います。

 

今回は地方就活生が都市圏で就活をする際に役立ったサイトを紹介します。

 

  1. 交通費が出るサイト
  2. 交通費節約方法
  3. 日経新聞を無料で読む方法
  4. 楽天の送料を無料にする方法
  5. 夜行バス前のおすすめネカフェ 梅田、新宿バスタ徒歩5分

 

交通費節約方法 地方生必見

1つ目が交通費節約方法です。

 

私は色々試行錯誤して交通費を節約していました。

 

その中でよかったものを紹介していきたいと思います。

 

一つ目が青春18切符を使うということです。

 

 

青春18きっぷとは、JRの普通列車と快速列車に全線乗り放題の切符です。

 

5日分11,850円、1日あたりなら2,370円で、日本中どこへでも行けてしまうという夢のきっぷ。その気になれば、九州から北海道だって行けてしまいます。

 

青春18切符は5日分ひとくくりで買えます。

 

1日分だけは買うことができません。

 

ただ1日分だけが欲しいという方はメルカリなどで青春18切符と検索してみてください。

 

意外に1日分だけが売られています。

 

ただ地方就活生は何回も言えと首都圏を往復すると思うので5日分購入した方がいいと思います。

 

 

大阪〜福岡間が2370円で行けてしまいます。

 

東京〜大阪間も2370円です。

 

どこの区間でも2370円なので1にち電車に乗れば

 

福岡〜東京間も2370円です。

 

ただこれは体が痛くなるのでよほどお金がない時しかやめた方がいいと思います。

 

 

ただ大阪〜静岡とかだったら5時間乗るだけで5000円くらい節約できるのでオススメです。

 

 

青春18切符が利用できる期間は

  • 春季  3月 1日から 4月10日
  • 夏季  7月20日から 9月10日
  • 冬季 12月10日から1月10日

なのでこの期間に使いましょう。

 

夏や春はインターンや説明会、本選考で首都圏に行くことが多いと思うのでめちゃくちゃお得です。

 

5月6月は青春18切符が使えないのかと思われる方もいるかもしれませんが、

 

その時期は基本的に本選考の終盤で企業が交通費を出してくれるのでお金の心配は必要ないです。

 

 

 

もし青春18切符の数日分が余ったらメルカリで売りましょう。

 

 

日経新聞を無料で読む方法

 

就活生の方は社会の情報が欲しいと思います。

 

そのためにニュースを見ないといけないのですが、一番確実で信頼の置けるソースは日経新聞です。

 

日経新聞は40,50代の方が読むことが多いですが、企業の面接で出てくる方もそのくらいの年齢です。

 

面接の時に、面接官と同じ情報を持っていると相手と話があい、好意的にみられると思います。

 

そのために私は日経新聞を読もうと思ったのですが、日経新聞は月4200円かかります。

 

これは高すぎて私には払えません。

 

ですので安く日経新聞を読む方法を探しました。

 

その方法は

 

楽天証券に登録するということです。

 

楽天証券に登録すれば無料で日経新聞が読めます。

 

楽天証券に口座を開くことで何か費用が発生することはありません。

 

ですので私は一円も使わずに日経新聞を読んでいます。

 

それについて詳しく書いた記事はこちらです。

 

日経新聞を無料で読む方法

 

学割を発行してもらう

学割を使うと在来線分の電車賃が2割引になります。

 

10000円の電車賃が8000円になるのです。

 

これは使うべきです。

 

切符を買うときにカウンターで買わないといけないのでいちいち並ばないといけないのですのがそのだるさを入れてもお得です。

 

ですのでカウンターに並ぶのはだるい場合は家の近くの駅で1回で往復券を買うべきです。

 

新大阪駅や東京駅で切符をカウンターで買おうするとめちゃくちゃ並ばないといけないのでめんどくさいことになります。

 

家に近いところで往復券を買っておきましょう。

 

学割は絶対に発行してもらいましょう。

 

 

 

meets company

説明会で交通費を出してもらえるサイトです。

 

meets companyは合同説明会を開くサービスなのですが、

 

説明会に行くとお金がもらえます。

 

一番最初は5000円ももらえてしまいます。

 

なんで5000円も貰えるのかというと

 

企業が合同説明会に参加するためにmeets companyにお金を払います。

 

ですのでmeets companyは企業のために就活生に合同説明会の会場に来てもらわないといけないです。

 

ですのでmeets companyは就活生に5000円をあげることができるのです。

 

ですので就活生ならば行かない選択肢はありません。

 

たった4時間会場にいて話を聞くだけで5000円貰えるのです。

 

寝ててもなんも言われないです。

 

そしてmeets companyのいいところはその場で選考が受けれるところです。

 

説明会に行くだけで選考が受けれるので

 

就活の面接やグループディスカッションの練習をしたい方にとてもオススメです。

 

面接練習もできるので5000円もらえるのは本当に神だと思います。

 

 

meets companyの公式サイトはこちら

時には即日で内定が出ることも

合同説明会に参加するのは企業代表、人事責任者。さらに少人数制の座談会形式なので評価につながりやすい。そのため内定まで特別フローで進められます。
内定獲得までスピーディに進められ、早期に内定を獲得することも可能です。

 

このようなことがmeets companyには書いてありますが、これはあてにしないほうがいいと思います。

 

多分meets companyの合説に行って、その当日に内定が出る確率は0.01%以下です。

 

 

まぁただ面接練習したい人と5000円が欲しい人にはオススメです。

meets companyの公式サイトはこちら

 

 

 

就活用シェアハウスを使う

シェアハウスを使えば宿泊代を節約することができます。

 

就活用シェアハウスにはジョーカツや地方のミカタというサービスがあります。

 

ジョーカツについては下の記事で詳しく書いています。

ジョーカツの体験談記事

 

地方のミカタを利用している友達はいないのでここの情報はありません。

 

すいません。

 

ただ就活用シェアハウスではなく普通のシェアハウスならもっと安く利用できます。

 

地方のミカタは一泊2500円

ジョーカツは無料なのですが

 

この2つのサービスは企業によって支えられているのでこのサービスを支えている企業に興味がある人でないと利用できないです。

 

割とベンチャーが多いのでジョーカツや地方のミカタは大企業志望には向いていないサービスです。

 

ジョーカツのホームページからQ&Aを抜粋してきました。

大手企業や有名企業にしか興味がありませんが利用できますか?

ジョーカツの趣旨は地方学生と東京の成長企業との出会いであり、
趣旨から外れる方のご参加はご遠慮いただいております。

 

 

ですので普通のシェアハウスを利用したいという方はairbnbで探すべきです。

 

airbnbで部屋をさがしているのですが、梅田駅から徒歩10分のシェアハウスが一泊2000円だったり

 

渋谷駅徒歩10分の部屋が一泊2000円で泊まることができます。

 

これは4人で一つの部屋です。

 

嫌な方は嫌でしょうが

 

シェアハウスでも安さを求めている方はairbnbがオススメです。

 

このリンクからairbnbに登録すれば1900円分のクーポンがもらえます!

 

1900円分のクーポンはコチラのリンクから!

 

 

カプセルホテルの情報は下に載せます。

 

梅田駅近くのネカフェ、新宿バスタ近くのネカフェ情報も下に載せます。

 

ネカフェ

大阪駅ちかく

大阪駅のバスターミナルから徒歩10分のネカフェです。

 

夜行バス前にシャワー浴びたいなという方にはとてもオススメです。

 

この前ここに行ってきたのでレビュー記事を書きました。

大阪駅徒歩10分 シャワー付きネカフェレビュー

 

 

新宿バスタ近く

新宿バスターミナルから徒歩5分のネカフェもこの前行きました。

 

ここもシャワーが浴びれるので夜行バス前にサクッといくことをオススメします。

 

ここは200円で利用できます!

新宿バスタから徒歩5分のシャワー付きネカフェレビュー

 

 

 

-就活

Copyright© 貧乏大学生の生き方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.