21歳貧乏大学生が快適な生活を目指すメディア

貧乏大学生の生き方

就活 就活日記

説明会が遠い お金が不安な20卒のつぶやき

今記事は説明会に行きたいが自分の県では説明会が行われず、説明会すらもいけない20卒の話です。

 

こんにちは!

 

皆さんは説明会に足を運んでしますか?

 

私は最近、3月のスケジュールを見たのですが、説明会ラッシュでした。

 

ただその説明会のほとんどが自分の県では行われません。

 

ですので夜行バスを使って説明会にいかなかればなりません。

 

説明会なんていく必要ないよ!と思われるかもしれませんんが

 

メーカー就活では説明会必須な企業が多く

 

必ず説明会に行かなければなりません。

 

一度に全ての説明会に行ければいいのですが日程がばらけていてそういうわけにもいきません。

 

ですので説明会に行く時は夜行バスを使い、カプセルホテルに泊まる生活をしています。

 

説明会に疲れた

 

正直疲れてきました。

 

説明会に行っても内定を得ることはできません。

 

しかし説明会に行かなければ、ESですら出すことができません。

 

これが地方就活生の現実です。

 

お金がなければ就活をまともにできないのです。

 

1年生の頃にこの事実に気づいていれば対応できたのですが、この事実に気づいたのが3年の夏です。

 

それからバイトをしてお金を貯めましたが、それでも20万円です。

 

これでどうやって首都圏に就活ができるのかを考えていましたが

 

そんな方法がなかったです。

 

ジョーカツや他の就活生が無料で泊まれるシェアハウスを使えばいいのでは?と思われるかもしれませんが、

 

ああいうサービスはそれを提供している企業群に就活をして欲しいというものがあるので

 

僕みたいな典型的古風な日系企業に就職している方は使えません。

 

友達がジョーカツを利用しているのですが、みんなベンチャー志望だそうです。

 

地方出身のベンチャー志望生はジョーカツを使うのはアリですね。

ジョーカツの評判

 

ただ僕は使えないので自分のお金で宿代を払います。

 

ということで私は最近考えが変わってきました。

 

考えの変化

 

この今住んでいる地方に残る。

 

そうすれば就活は楽々できますし、今いる友達と楽しくやれる。

 

こっちの方が幸せなのかなと思い始めました。

 

地元就活は3年前大学に入学した時には考えもしなかったことですが、

 

今はそれを就活の軸にしようかなと思い始めました。

 

お金で自分の人生を決めるのは間違っているのかと思うときもありますが、

 

身の丈を知るということも大切だなと思うときがあります。

 

今いる環境でいかに輝けるか

 

それが今の僕にとっての中心命題です。

 

そして東京就活をしなかったことを後悔しないために今は精一杯努力します。

 

そして地方就活をして地方で働いていくことになっても、それを正解にできるように精一杯生きようと思います。

 

 

上に上に行きたいという気持ちが薄れて

前に前に行こうという気持ちに変わってきたような気がします。

 

 

20年後振り返ってあのときあの選択をしてよかったなと言えるようになりたいです。

 

今回は以上になります。

 

 

ありがとうございました。

 

おすすめ記事

就活で登録すべきサイト3選 する必要のないサイト1

-就活, 就活日記

Copyright© 貧乏大学生の生き方 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.